大手のエステ

TweetsWind








ブログに梅雨がやってくるブログパーツ

 ***  

…とりぷるる…
文理学部生の不思議日和
TVとかゲームとか魚とかとか...

なんだかひたすらぐだぐだと書きなぐっている(゜ー゜;

ついったーログだらけのため日常カテゴリを押していただけると見やすくなると思います。

スポンサーサイト

2014.01.26 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    神様の捉え方

    2011.08.09 Tuesday 17:20
    0
      多位一体という考え


      自分の考えと近い文章を発見。
      勝手ながらぺたらせていただく。。。

      http://www.monotheism.jp/sutra/diversity.htm



      こちらの団体さん、どんな感じなんでしょうか。

      団体 と聞くと一歩引いてしまう自分。
      日常 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2014.01.26 Sunday 17:20
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        はじめまして。一神教学会で会長を務めております大黒学と申します。弊会の経典に言及してくださいまして、ありがとうございました。

        「こちらの団体さん、どんな感じなんでしょうか」という点に関しまして、ご説明申し上げたいと存じます。

        一神教学会は、名目上は「宗教団体」ですが、その実質は普通の宗教団体とはかなり異なっています。普通の宗教団体は自分たちと同じ宗教を信仰する人を増やそうとしているわけですが、弊会はそうではありません。なぜかと言うと、弊会が布教している共存型一神教という宗教は、「万人教祖主義」と呼ばれる、「人間は誰でも教祖になることができる」という教義を含んでいるからです。このことは、共存型一神教の布教が、「この宗教を信仰しましょう」という呼びかけではなく、「この宗教を土台にした独自の宗教を創始しましょう」という呼びかけだということを意味しています。つまり、弊会は、信者を増やすことではなく、教祖を増やすことを目的とする宗教団体なのです。

        このような特殊な目的を持つ宗教団体ですので、弊会の会長といたしましては、一つの教義のもとに信者を統制下に置くピラミッド型の組織を作ることには関心を持っておりません。それよりもむしろ、会員であるか非会員であるかを問わず、「宗教を作る」という共通の活動をしている人々をつなぐゆるやかなネットワークを広げていくことに力を注いでいきたいと考えております。
        | 大黒学 | 2012/03/11 8:15 AM |

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://huginn-muninn.jugem.jp/trackback/724

        トラックバック